台東区【入谷・上野】の整体、ゆいま~るはり灸整骨院は「あなたの元気になりたい」を叶えます

出産をご経験の方はご存知かと思われますが、妊娠をすると、身体の中にいろいろな変化が訪れます。

特に多いのが腰痛や坐骨神経痛といった症状や吐き気などのつわり症状が多いのではないでしょうか。
今回は当院でも良く見られる、妊娠中の腰痛や坐骨神経痛についてのお話をしたいと思います。

妊娠中はホルモンの関係で筋肉や靱帯がゆるむ

妊娠をすると、胎盤の中に赤ちゃんを入れる為、出産をする為に骨盤やその周囲が緩まなくては行けません。
その為、妊娠をすると、リラキシンと呼ばれるホルモンが多く放出されます。
このリラキシンは子宮を緩めて赤ちゃんを生みやすくする為の役割をするのですが、
その他にも筋肉や靱帯を緩める働きもします。
妊娠中の他、生理前にもリラキシンが多く放出されています。生理前や生理中に腰が痛くなるのは、この為です。

リラキシンが出る事によって、骨盤まわりの筋肉や人体が緩み、腰まわりが安定しなくなって負担がかかり、
腰痛の原因となります。

子宮の負担がお尻の緊張を招く?

妊娠をすると、赤ちゃんの身体の発育ができるまで、子宮の中に入れて育てます。
それにより、子宮は大きく膨らんでいき、元々の大きさの何倍にも大きくなっていきます。
それなので、子宮は人体の中で、最も大きく縮小拡大をする臓器とも言われています。

子宮が大きく膨らんで来れば、それだけ子宮の負担は大きくなっていきます。
そうすると、内蔵体性反射により、子宮と関係のある筋肉が緊張してきます。

その関係のある筋肉が、大殿筋であり、梨状筋と呼ばれる筋肉なのです。
坐骨神経痛の中に梨状筋症候群と呼ばれる物もあるくらい、梨状筋が坐骨神経痛と関係があります。

したがって、お尻の筋肉が緊張をすれば、反対に身体の前にある筋肉(腸腰筋など)にも影響が出てくる為、
腰痛を引き起こしやすくなってくるのです。

どうすれば、妊娠中の腰痛、坐骨神経痛から開放されるの?

前述していたように、妊娠中はホルモンの影響や、子宮に負担がかかって来る事によって、腰痛や坐骨神経痛を引き起こしやすくなります。
お腹の中に赤ちゃんを入れている為、羊水や赤ちゃんの重さで身体に負担がかかっているので、筋肉や関節を整えるだけではなく、内蔵や頭蓋骨のバランスも整える事も大事となります。

当院では、筋肉、関節、内蔵、頭蓋骨などのバランスを整える施術を行います。

全体的なバランスが整う事によって、妊娠中に起こる腰痛や坐骨神経痛だけでなく、
つわり症状、マタニティーブルー
などと言った精神的感情も楽になる方が多いようです。

妊婦の腰痛や坐骨神経痛でお困りの方は、当院へ一度ご相談ください!

台東区・上野で整体を受けるなら「ゆいま~るはり灸整骨院」 PAGETOP