台東区【入谷・上野】の整体、ゆいま~るはり灸整骨院は「あなたの元気になりたい」を叶えます

毎年、2月~4月の時期になると、花粉症でつらい思いをしている方々が多くみられます。
メディアや雑誌などで大変多く花粉症対策を特集しているかと思いますが、当院でも花粉症対策を行っております。
鍼灸施術が花粉症に有効であり、当院でも鍼灸による花粉症対策を行っておりますが、
今回は当院の花粉症に対する考えや整体による花粉症施術についてお話をしたいと思います。

 

花粉症の症状に対する整体療法について

免疫力の低下による現代病などと説明されている事が多く、腸内環境を整える事が有効だと紹介されているのを見かけます。
たしかに、「第2の脳」と最近は言われている腸内環境を整える事も大事ですが、当院では他の臓器の疲労や頭蓋骨の歪みも大切であると考え、施術に当たっております。

特に内蔵では肝臓、頭蓋骨では前頭骨の歪みや硬さを参考にしながら施術を行います。

身体の中にある細胞には、肥満細胞と呼ばれる、免疫反応や炎症などの身体を守る為に働く細胞があります。
肥満細胞の中の一部にヒスタミンを呼ばれる物質が存在します。
そのヒスタミンが多く放出されると、身体の中でアレルギー反応が起こり、症状を引き起こします
その為、花粉症の薬は抗ヒスタミン薬を使い、ヒスタミンの量を調節させて、アレルギー症状を抑えます。

花粉症は、花粉が体内に取り込まれると、ヒスタミンと呼ばれる物質が放出して、炎症症状を引き起こし、ヒスタミンが放出された場所によって、目の痒み、鼻水、涙目、喉の乾燥、喉の痒み、肌の乾燥などと言った症状が起こります。
そのヒスタミンが体内で多く産生しているのが肝臓であり、他に胃や肺、脳の部分でも産生しています。
花粉症の症状が出ている方は大体の肝臓が固く(押すと痛い)その以外の臓器も固さがみられます。(中には柔らかい人もいます)

当院で行う整体施術の場合、内臓(特に肝臓)機能の疲労や硬さを取り除き、頭蓋骨の歪みや動きを回復させて、身体のバランスを整えます。

 

花粉症の症状にたいする整体の効果

基本的には一回の施術で改善するわけではなく、3~5回ぐらいを間隔を詰めて行う事により、知らずに症状が軽くなっている方が多いようです。
その後も継続的に続ける事によって、来年の花粉の時期には症状が出なくなる人も中にはいるので、少し時間がかかる物と理解していただければと思います。薬がまったく効き目がないという方は、少しづつ薬の効果が表れてきます。

個人差により、効果の出方がかなり違います。鍼灸コースでも花粉症症状の施術を行っていますが、
針には抵抗があるという方は、整体での花粉症施術を試しても良いのではなでしょうか?

台東区・上野で整体を受けるなら「ゆいま~るはり灸整骨院」 PAGETOP