台東区【入谷・上野】の整体、ゆいま~るはり灸整骨院は「あなたの元気になりたい」を叶えます

坐骨神経痛

坐骨坐骨神経痛改善症例多数
坐骨神経痛がなぜここまで改善されるのか?

・口コミランキング1位を頂きました。
・多くのプロの治療家から、支持を頂いております。
・症状に合わせた整体・鍼灸治療

こんなお悩みを抱えている方はすぐ当院にご相談ください!

坐骨神経痛の専門家が責任を持って施術します!

  • 腰やお尻から足にかけて痛みがある(電気が走る)
  • 足をつくと激痛がする
  • 足にしびれを感じる
  • 足やお尻に痛みがあって立ち上がれない
  • おじぎをすると足に痛みや違和感を感じる
  • 寝ててもお尻や足に痛み、違和感を感じる
  • 座っていると、足に痛みや違和感が出る
  • マッサージしてもお尻や足の痛みが治らない
  • 右と左の足に太さが違ってきた

 

坐骨神経痛が治らない理由は…

坐骨神経痛とは、簡単に説明しますと、坐骨神経に沿って痛みやしびれを感じる疼痛を言います。
漠然とした説明となりましたが、坐骨神経痛と似たような症状を引き起こす症例があります。

  • 腰椎ヘルニア
  • 腰椎分離症、すべり症
  • 脊柱管狭窄症
  • 腰椎圧迫骨折
  • 梨状筋症候群
  • 閉塞性動脈硬化症(バージャー病)
  • 脊髄腫瘍

といった症例も坐骨神経痛と似たような症状を引き起こす為、判別が正しくなければ、改善しにくい傾向があります。

足の施術また良く耳にする、トリガーポイントと呼ばれる押すと痛みのある場所を重要視する先生かたも多いようですが、あくまで、痛みに対する反応点であり、あまり刺激し過ぎても症状が悪化してしまい、回復が悪くなるので、程々が良いのではないでしょうか。
やはり、部分的な症状を改善させるよりも、身体全体を診ながら施術を行わなければなりません。

例えば、骨盤や股関節の歪みや梨状筋の過緊張が原因であったとします。
一般的に行われる施術として、骨盤や骨格の歪みを取り除き、梨状筋や腰、臀筋(お尻の筋肉)の筋肉の緊張をマッサージやトリガーポイント療法などで取り除き、回復へと導いていく方法をとる事が多いのではないでしょうか?

ある程度の症状は取れるかもしれませんが、それでもなかなか回復しない人もいます。
なぜなら、骨盤や骨格の歪み、筋肉の緊張の原因が内蔵からの負担によって引き起こされている事が多いからです。

こうした場合、やはり内蔵の負担を軽減させながら施術を行わなければ、本当の原因が消えないわけですから、なかなか回復しないのです。
様々な原因から起こる症状を、多角的に診ながら施術を行う事が最短の近道となります。

また、ストレスが原因になっている事も多く、そうしたケアも必要となってきます。

 

坐骨神経痛を改善し、再発を予防するための当院の4つのSTEP

yuima-ru_70

どの技術も身体への負担を極限までなくした
痛みのない、厳選された手技です。

『整体』 『骨盤矯正』 『はり灸』 『自律神経・内臓調整』と、
幅広い技術でもって、
あなたの痛み・お悩みにしっかり応えていきます。

 

ゆいま~る整骨院の施術

 

  • 内蔵機能に起こる負担の軽減
  • 筋肉による過緊張の緩和(梨状筋や臀筋、大腰筋や下肢の筋肉)
  • 骨盤、骨格の歪みの矯正
  • 足のバランス調整(立方骨など)
  • 髄液やリンパのバランス
  • その他

これらのバランスを診ながら施術を行います。
その他、ストレスが強く関係している場合、カウンセリングする事があり、症状の強い場合は鍼灸とも併用しなが施術を進めることもあります。

 

体の痛み・不調でお悩みの方
どこへ行っても改善されなかった方、

「根本治療」 ゆいま~るはり灸整骨院で
その違いを体験してみください。

rd-bnr1

初診料2000円 ⇒ 1000円(1000円オフ)

rd-bnr2rd-bnr3

 

お客様の症例レポート

40代 男性
3ヶ月前から足に違和感が感じ始め、徐々に痛みが強くなり、整形外科にて診察を受け
坐骨神経痛と診断される。
ブロック注射と投薬治療を2ヶ月半行っていたが、変化があまりなく、歩くたびにお尻から足に痛みが走る為
インターネットにて検索し、当院へ来院する。

症状

前屈をした際にお尻~足にかけての強い痛み、歩く度にお尻~足に激痛が走り、跛行(びっこ)呈す。
寝返りや寝ている時にも痛みを感じるので、あまり睡眠が取れないとの事。

 

初回

痛みが強い為、ベットに長時間寝ていられないとの事だった為、始めに座りながら、両方の足の関節の調整を行い、その後、多少は長く寝れた為、仰向けにて内蔵の調整を行う。
次にうつ伏せにて、アクチベーターにて骨盤や骨格のバランスを整えた後、再度仰向けにて、もう一度下肢全体の調整を行った後、テーピングを貼って終了する。

施術後、多少は楽だが、痛みはあまり変化ないとの事。
翌日もくるよう指導して、帰宅。

 

2回目(翌日)

夜までは変化はなかったが、朝起きた時は昨日より楽で、歩く時の痛みも軽減しているとの事。
今回は長くベットに寝れる様子。
初回同様に施術を行い終了する。

施術後、前屈時の下肢の痛みが軽減するも、歩行痛は変化なしとの事。
3日後に来院するよう指示して帰宅する。

 

3回目

前回の施術の翌日から、朝の痛みは残るも、歩行痛がほとんどなく、現在まで続いていて楽だとの事。
2日前から痛み止めの薬を使わなくても、1日過ごせると言う。ただ、お尻~足の痛みは残存する。

症状が軽減してきている為、前回の施術に加えて、臀筋や下肢の運動療法を行い、筋肉の緊張緩和を図る。
今回はテーピングを足関節に施行し、施術を終了する。

施術後、歩行痛が今のところほとんどなく、お尻の痛みも軽減したとの事。
1週間後に来院を指示し帰宅。

 

4回目

前回施術から2日くらいしてから、痛みがほとんどなく、普通の生活に戻ったとの事。
腰部、下肢の緊張が多少見られた為、バランスを整えた後、筋肉にアプローチして終了する。

施術後、今の所は痛みがなく、身体も動かしても痛みの恐怖はなく嬉しいとの事。

再発防止の為、2週間後に来院したが、症状はまったくなかった為、施術を終了した。

鍼灸で腰痛の治療をしてみませんか?

腰痛は鍼灸治療がもっとも効く病気や怪我の一つです。   4つのパターン 古典的な鍼灸の治療では、4つのパターンの中から、今の体の状態を選び、 その状態 …

鍼灸治療の症例(腰痛)

最近、当院で扱った鍼灸の症例(腰痛)を紹介いたします。 男性 30才 会社員 症状 座っていると腰からお尻が痛くなる。 数年来、時々繰り返してきた。 一週間くら …

台東区・上野で整体を受けるなら「ゆいま~るはり灸整骨院」 PAGETOP